Latest Entries

栄の有名かき氷店、柴ふく!

しばふく


栄にある柴ふくというかき氷屋さんで一休み★
氷にきな粉!?とびっくりですが、
ぱさぱさせず、ふわふわで最高でした!



丸八テント

スポンサーサイト

焼きおにぎり

突然ですが、焼きおにぎりをつくってみました!













初挑戦だったのですが、満足のいくものになりました




ポイントは、焼く前に
おにぎりをしっかりギュッと握ること。




醤油で味付けをしたのですが、


その際も、


醤油はおにぎりに直接かけないこと、




おにぎりの表面に焼き色がついた頃に、
おにぎりのそばに醤油を垂らし、
蒸発するかしないかのうちに
おにぎりを滑らせます



ちなみにフライパンでつくりました(^^)





もちろん、とても美味しかったですよ♪


ぜひつくってみてください

丸八テント

ボンボンのシューアイス

本日のおやつは、洋菓子・喫茶ボンボンのシューアイスです。

ボンボン_1


「洋菓子 喫茶ボンボン」は、むかーしからある名古屋の喫茶店。

店内は昭和の雰囲気あふれるレトロな感じです。

ボンボン_2

シューアイスもなんだか懐かしい味がしました。









丸八テント

わらび外郎五ッ橋

本日のおやつは、『わらび外郎五ッ橋』です。

名古屋と言えば、「ういろう」ですね。

でもこのわらび粉を使ったういろうは、名古屋風のういろうとは
また違った食感で美味しいのですよ。

uiro_2.jpg

外郎は室町の時代から親しまれている日本古来のお菓子です。
その歴史の長さ故に全国各地にさまざまな味わい・食感をもつ外郎が
あります。名古屋から関東は米の粉を使い、関西は小麦粉を主な原料
としますが、外郎発祥の地と言われる山口などでは、いまだに小麦粉
にわらび粉をあわせてつくるようです。
私は20年くらい前にそのわらび食感の外郎に出逢い、何とかそれを作
り上げたいものだと色々研究してまいりましたが、この度多くの方々
のご協力を得て、澱粉、餡、小麦粉の生地にわらび粉をあわせ用いる
ことにより独特の弾力と、風味豊かなとろけるような食感の外郎に仕
上げることができました。(五条五ッ橋HPより



丸八テント

濃尾平野の銘菓

愛知県江南市の大口屋さんの銘菓、餡麩 三喜羅(さんきら)です。



大口屋さんは創業文政元年という歴史のあるお店です。
麩の中にほどよい甘さのこし餡が入っていて、思わず2個目に手が延びちゃうお饅頭です



三喜羅の名前の由来は包んである葉にあるんですよ。
この葉はユリ科のつる性落葉低木、山帰来(サルトリバラ)の葉です

この葉を塩漬けにする事で塩味と葉の香りが菓子全体に移り、生麩独特のなめらかな食感とこし餡の上品な甘さが重なりとても深みのあるお味です。
3個目もいっちゃおかな

丸八テント

«  | ホーム |  »

« | 2017-10 | »
San Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

☆sugar☆

Author:☆sugar☆
名古屋のテント商会、
丸八テントです。

丸八テント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

丸八テントのつぶやき...

Twitterボタン

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード